お得な日帰りバスツアーから目標のある旅まで
メニュー
さっぽろ雪まつり
さっぽろ雪まつりの様子
支笏湖氷濤まつり
蔵王樹氷群
蔵王ロープウェイ
太平洋フェリーNEWきたかみ
商船三井フェリーふらの
フェリー内部
※写真はすべてイメージです。
太平洋フェリー「NEWきたかみ」&商船三井フェリー「ふらの」利用!
『往復新造船フェリーで行く!』さっぽろ雪まつり&支笏湖氷濤まつり3日間!
白銀の別天地!蔵王ロープウェイで行く樹氷群観賞もお楽しみ!

旅行条件

コース番号 日程 食事 添乗員 最少催行人数
R4639 2泊3日 朝2・昼0・夕2 同行 20名
宿泊先 その他
(1泊目)太平洋フェリー船内
(2泊目)商船三井フェリー船内
入場料・ロープウェイ代金含む
【旅行企画・実施】
サンケイツアーズ(産経新聞開発株式会社 旅行部) 観光庁長官登録 旅行業 第2050号 / (一社)全国旅行業協会会員

旅行代金

部屋タイプ 太平洋フェリー 商船三井フェリー 旅行代金
1名1室エコノミーシングル利用コンフォート利用49,800 円
1等クロスツイン利用1等洋室利用59,800 円
2名1室1等クロスツイン利用1等洋室利用54,800 円
  • ※税込み ※大人お1人様 ※小人同額

行程

1日目 各地=蔵王【白銀のモンスター!幻想的な樹氷の世界をお楽しみ下さい】=仙台港~<太平洋フェリー「NEWきたかみ」>~船中(泊)
2日目 ~苫小牧港=さっぽろ雪まつり【1年で8日間だけの冬の祭典をお楽しみ!150分以上滞在】=支笏湖氷濤まつり【大小様々な氷のオブジェが並ぶ北海道を代表する氷の祭典】=苫小牧港~<商船三井フェリー「ふらの」>~船中(泊)
3日目 ~大洗港=各地着(17:00~18:00頃予定)

コース解説

2019年就航「NEWきたかみ」&2017年就航「ふらの」の船旅!

太平洋フェリー「NEWきたかみ」・・・2019年1月就航のピカピカ新造船!デザインコンセプトは「スペーストラベル」。白を基調としたプロジェクション投影が目を引くエントランスや三日月型のテーブルが特徴のロビー、木漏れ日のような暖かな光が降り注ぐレストラン、天空に浮かぶ雲がモチーフの展望大浴場など、快適な船旅をお楽しみください!

商船三井フェリー「ふらの」・・・「くつろぎの船旅」を追求した2017年就航の新造船。二層吹き抜けで開放的なラウンジから眺める太平洋の水平線や、サウナ付きの展望大浴場などの共有スペースをはじめ、料金の安価な「コンフォート(カプセル寝台)」利用でも専用テレビや荷物置きスペースが完備され、プライバシーが保たれた客室になっています。

日本一の雪まつり“さっぽろ雪まつり”をたっぷり堪能!

1950 年に、地元の中・高校生が6つの雪像を大通公園に設置したことをきっかけに始まった「さっぽろ雪まつり」。昨年は全国各地より約270万人の観光客が訪れ、名実ともに“日本一の雪まつり”としてあまりに有名です。世界の美しい建築物等の雪像が忠実・精巧につくられ、毎年来場者を楽しませてくれるさっぽろ雪まつり。迫力ある大雪像や幻想的な氷像の世界を、往復フェリーの贅沢な船旅で訪れてみませんか!

支笏湖氷濤まつり 支笏湖の湖水をスプリンクラーで吹き付け凍らせた、大小様々な氷のオブジェが立ち並ぶ、北海道を代表する冬の祭典を観賞

蔵王樹氷群観賞 蔵王の樹氷は、亜高山帯に生育する針葉樹のアオモリトドマツが雪と氷に覆われてできます。その最盛期が2月。「アイスモンスター」と呼ばれ、着氷と着雪が最も盛んとなり、迫力ある大きな樹氷に成長する様は圧巻です。

2泊3日の船旅にはお楽しみがいっぱい!
  • ピカピカの新造船!太平洋フェリー「NEWきたかみ」(往路)&商船三井フェリー「ふらの」(復路)指定!
  • 安心の朝2・夕2の食事付き!
  • 一度は見てみたい「さっぽろ雪まつり」をたっぷり150分滞在!
  • 北海道を代表する氷の祭典「支笏湖氷濤まつり」を観賞!
  • ロープウェイを利用して圧巻の樹氷群「蔵王の樹氷」を観賞!
  • 1名様1室の等級アップ(1等個室)もお問い合わせください!

出発日・集合場所

出発月 出発日
2020年2月 4日(火)
集合場所(出発時間)
[1] JR横浜駅(7:15) [6] JRさいたま新都心駅(9:15) [10] JR新宿駅(8:30)

予約お申し込み