お得な日帰りバスツアーから目標のある旅まで
メニュー
栗駒山の絶景紅葉
 
 
会津磐梯山
会津磐梯山山頂からの猪苗代湖
※写真はすべてイメージです。
みちのく紅葉スペシャル登山!東北を代表する紅葉名山2座を目指す
紅葉の会津磐梯山1819mと神の絨毯栗駒山1627m登山
 

旅行条件

コース番号 日程 食事 添乗員 最少催行人数 宿泊先
P3373 1泊2日 昼2(弁当) 同行 20名 ホテルルートイン一関インター(シングルルーム利用)
【旅行企画・実施】
サンケイツアーズ(産経新聞開発株式会社 旅行部) 観光庁長官登録 旅行業 第2050号 / (一社)全国旅行業協会会員

旅行代金

39,800 円
  • ※税込み ※大人お1人様 ※小人同額

行程

1日目
東京(7:30 頃)-<新幹線>-郡山=八方台・・・中ノ湯分岐・・・弘法清水分岐・・・磐梯山山頂(1819m:折り返し)・・・八方台=一関(泊)

2日目
一関(早朝発)=須川温泉・・・名残ヶ原・・・瑞山・・・栗駒山山頂(1627m:折返し)・・・須川温泉(入浴)=郡山-<新幹線>-東京(19:00 頃)

コース解説

会津磐梯山

「会津磐梯山は宝の山よ」と唄われた、人気の名山に登ります。日本百名山のひとつに数えられ、猪苗代湖や裏磐梯の湖沼群との間にそびえ、どこから見ても美しい山です。今回は、山頂を目指す最短コースから登頂し、眺望の素晴らしい山頂を目指します。磐梯ゴールドラインの最高地点・八方台からブナ林を抜け、中ノ湯分岐、水場がある弘法清水分岐を過ぎ、急坂を登ると360度の大展望、独立峰の山頂へ。復路は同じコースを引き返す、約5キロ・約5時間のコースです。(標高差625m)

栗駒山

全山紅葉の名山として、「神の絨毯」とも称される紅葉は圧巻です。燃えるようなドウダンツツジやナナカマドの赤や草紅葉などの黄色がつづれ織りのように見えます。また、奥羽山脈のほぼ中央に位置する独立峰のため、山頂からの360度の大パノラマも楽しみです。須川温泉から名残ヶ原を通り、産沼コースを利用して、景観を楽しみながら登り、眺望の素晴らしい栗駒山山頂を折り返す約7キロ・約5時間の登山コースです。(標高差587m)。登山後は、須川高原温泉で汗を流して帰途につきます。

約5km+7km (標高差が500 メートル以上の一般向き登山、または、歩行時間が3 時間以上のコース)

出発日・集合場所

出発月 出発日 集合場所 集合時間
2019年10月 5日(土) JR東京駅 7:00頃

予約お申し込み